【講習で取れる資格】「取りあえず何か資格が欲しいときにおすすめ」 特定化学物質等作業主任者(旧制度:石綿含む) 合格体験記

資格

どんな資格?

有機溶剤の親戚だと思います。
特に用途は考えてなく、取れそうなので受験しただけなので、よくわかってないです。
(特定化学物質は、がん等の慢性・遅発性障害を引き起こす物質のうち、特に有害性が高いものみたいです。)

きっかけ

大学院を修了する間近に、最後のあがきで何か取ろうかと思い、講習だけでとれる資格を取ることにしました。
この資格は、平日に講習→試験なので、社会人になったらどれだけ平日有給休暇がとれるか分からないし、 若いうちは、そんなに休みも取れないだろう→だったら、平日に試験がある資格を今のうちから取ろう!という発想で取りました。

講習について

講習機関:各県の労働基準協会連合会
講習日:各県にもよります。(毎月しているところもあります。)
講習料:14000円程度(受講料:1200円程度、テキスト2000円程度)
受験資格:なし(ただし、18 歳未満は有機溶剤業務の就労や作業主任者として選任不可)
申込方法:各県にもよりますが、申込書を提出 or ネットで申込
サイト:代表して公益社団法人 東京労働基準協会連合会を載せます:https://www.toukiren.or.jp/subject/guide.php?sub=3&sc=

取得当時は石綿が騒がれて、石綿は石綿の免許で独立することになったみたいですが、運よく、独立する前にとれたので、この資格で私は石綿も扱えるようです。
最近では、特定化学物質・四アルキル鉛という名前に代わってたりします。
が、旧制度で取得した場合、四アルキル鉛はふくまれていませんので、四アルキル鉛を扱いたい時は、改めて取得する必要があります。(ということでこれも取得しました。)

講習(カリキュラム)…有機溶剤作業主任者と同じです。

健康障害及びその予防措置に関する知識…4h
保護具に関する知識…2h
作業環境の改善方法に関する知識…4h
関係法令…2h
修了試験…1h

勉強方法(有機溶剤と同じです)

講習で講師の先生が、「ここは大事ですよ!」というところは、赤線を、「覚えていた方がいいですよ。」的なところは青線を引いていきました。
また、赤線&青線を引いたページにはふせんを貼っていきました。
後で復習しやすくする為です。、→昼休みになる度に、そこを復習しました。

使用したテキストは↓になります。

実際に現場で働いている方は、分かっているので復習は必要ないかもしれませんが、ド素人の私は、なーにもわかっていないので、暗記暗記です。
が、何もわかってなくても、なんとなくわかっていれば、試験には支障ないです。
試験も択一問題ですので、「正しいものを選ぶ」、「間違っているモノを選ぶ」のところを読み間違わなければ、問題ないかと思います。

合格しました

合格後、1か月くらいで合格通知が来ました。
(実家へ引っ越す予定だったので、実家に送ってもらうように手続きしました。)

タイトルとURLをコピーしました